諦めない!35歳顕微授精シテマス

35歳妊活中。顕微授精挑戦してます!

D11 期待と不安。自然移植周期3周期目 着床前診断してみたい

不妊治療ネタ。

 

私の通っているクリニックは、自然移植周期でもほとんど通院がありません。

私の場合、採卵がないからかな。

凍結している卵の移植のみなので。

ホルモン補充周期はしていないから実際違いはわからないけれど。

 

今周期は流産後2回目の生理、D3で通院。

次は明後日D13に通院する。

薬は週一回のカバサール一錠のみ。

 

D13の内診、血液検査で排卵日を特定。

うまくいけば、移植日決定、移植当日通院となります。

内膜が薄ければ、胚盤胞。厚ければ分割胚にする予定みたい。

どちらの卵を戻すかでもちょっと移植日がずれるだろうし。

 

前回胚盤胞を戻して流産してしまった。

前々回は、分割胚かすりもしなかった。

グレードよかったのになぁ。

卵のグレードは見た目。

見た目がよくても戻してみてダメな場合も結構あるんだよね。きっと。

 

うーん。

今の日本では、一般的に着床前診断は認められていないから

卵を戻してみてたぶん染色体異常だったかも?とかになるんでしょうね。

 

色々議論はあるところだけれど、

着床前診断が早く一般的になればいいのにと思います。

 

着床前診断をして正常卵であっても、妊娠できないことはあると思う。

勉強不足だけれど、卵以外でも妊娠できない要因はいろいろ。

でも、少しだけリスクは減らせるはず・・・と。

 

今この状況でできることを考えないとなんですけどねぇ。

きっと医療や考え方もどんどん変わってきているし、

医療の進歩のおかげで今治療出来ているのは事実・・

 

 次こそは出産までいく妊娠を!と思ってます。

が、不安も大きいです。

 

何も失うものはないけれど、(唯一お金はなくなります)

やっぱり凹むことを考えて自衛している自分がいます。

 

粛々と治療に臨みます。

 


にほんブログ村